メディカルアロマ&ハーブを取り入れた豊かな生活を提案する吉祥寺のアロマ&ハーバルスクール

なぜ?! 伊吹山の薬草を信長は推進したのか!

織田信長が薬草を推進した

と伝えられている伊吹山に

ホリスティックヘルス情報室主催の

「伊吹山・永平寺森林養生プログラム」に参加し

 

琵琶湖博物館に勤務されていた長澤さんから

 

伊吹山の薬草は

ほんとうは、

 

鉄砲の火薬の確保のために

「よもぎ」 などの薬草が必要だった!

と、お聞きしました。

 

だから、織田信長が推進したんですね!!

 

そこで、、、

岐阜県の白川郷合掌集落と同時に

世界文化遺産に登録されました

 

富山県の五箇山合掌集落の

「塩硝つくり」 を思い出しました!

 

奥深い五箇山は、

加賀藩が幕府の目から逃れるために

塩硝製造に最適な立地条件だったらしいです。

 

ここ、五箇山の合掌作りの

「塩硝の館」 では、

塩硝とは、硝酸カリウム KNO3 のことであり

 

いろりのそばに、深さ1182~212㎝、幅90㎝の穴を掘り

その中に下から

① 穂がら

② 土と蚕の糞を混ぜたもの、

③ 長さ5寸ほどに小切りしたひえ、たばこ、よもぎ、そば、さく、あさなどを敷く

④ ②と③を繰り返し、穴の上から18.2~21㎝まで積む

⑤ ④の上にむしろやこもをのせて、雨風にあてないようにする。

 

春は、穂がら、そばがら、たばこがらを多く使い

夏は、蚕の糞

秋は、山草の蒸倍

を使い、これを4年おいて発酵させる。

これが、塩硝土である。

 

4年後に、直径1m高さ60㎝の桶に

この塩硝土をほぐし水を混ぜ、一晩おく

 

桶の下の穴から水を抜く

 

この水を煮詰める

 

次に、灰汁(炭酸アルカリ)を加え煮詰める

 

この濃縮液を木綿でろ過し鍋に入れて一晩おくと

砂粒や細い針のような塩硝の結晶ができ

これが、灰汁塩硝だそうです。
黒色火薬は

この塩硝とイオウと木炭の混合物になります。

 

火薬は、中国の四大発明であり、

中国では904年には火薬の武器を使っていたそうです。

 

織田信長(1534-1582)の時代には日本にも伝来していそうですね。

 

PAGETOP
Copyright © Per-Ankh All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.